Technology 시작

UV LED

UV(紫外線) LEDs

Violeds
. ソウルバイオシスと SETi社が共同開発した UV LEDの清浄技術
. 既存 LEDとは異なり、水、空気、表面などの殺菌および浄化、脱臭などの用度に活用可能
. 殺菌や汚染物質の分解特性を持つエネルギーの機能性光子(光の粒子) および光触媒を利用
. 生活用品や治療および診断目的の生命科学応用機器などに多様な適用が可能
. 単純な光触媒結合ではなく、光源一体の光集積度および指向角について多様な特許を活用した先端技術
. バイオレッズ(violeds) は人類に安全で綺麗な環境を提供します
UV(紫外線) LEDs
バックライト、照明、自動車などの分野で可視光LEDの使用は急速に増加しており、紫外線(UV)領域のLEDも高効率化、高出力化により、既存の水銀、メタルハライドを利用した紫外線ランプの代替が続いており、使用が拡大しています。
UVの発見
1801年、ドイツの科学者J。 W。 リタが目に見えない極端に短い波長の光の粒子が写真フィルムを減光させるのを発見し、紫色よりも短い波長の光粒子がある事に気づきました。
UVの語源
紫(紫色: Violet)よりも極端に短い波長の光で紫色の外にある線と言う意味で紫外線と呼んでいます。 英語では "極端に、極度に、超”の意味の"Ultra”という接頭語を紫(Violet)の前に置いて、紫よりも極端に短い紫外の線(紫色外線: Ultra Violet)、つまり、紫外線と呼ぶようになったものをUV (紫外線: Ultra Violet)と呼んでいます。
UVの機能

波長による UV LED Application

UV LEDはスペクトラムにより、多くの方法で分類されます。 この中で、太陽光に対するISO分類基準ISO-DIS-21348に分類法では、UVA (400~315nm), UV (400~300nm), UVB (315~280nm), MUV (300~200nm)、UVC (280~100nm)に分けられます。

区分 波長 (nm) 内容
Near UV UV-A 315-400 ポリマーやプリントインクの硬化、ガス測定、窒素の要素測定、集虫機、光学検出、イメージ色調測定ID、偽造紙幣感知など
UV-B 280-315 UV UV硬化、光学治療、光学検出、イメージ色調測定、犯罪分析、タンパク質解析、薬の開発など
Deep UV UV-C 100-280 殺菌、オゾン探知、表面や水の汚染除去、タンパク質解析、薬の開発、光学検出、イメージ色調測定など
Business
Violeds
MicroLED
IR / VCSEL
UV LED
PKG
Modules
MicroLED
MicroLED
IR / VSCEL
Sensor
Datacom
Technology
LED
Chip
Violeds
V LED
WICOP
Micro Clean Display
Patent Portfolio
Support
Document Library
Strategic Alliances
Where to buy
Contact Us
Company
会社概要
お問い合わせ
Certificates
Our way
プレスリリース
IR
投資情報
財務情報
株式情報
IR資料
情報開示
Careers
求める人材像
仕事の検索
Top